新しいパソコンをお得にゲットしたい

新しいパソコンをお得に購入したいと考えた場合、ポイントやクーポンなどの利用も考えられますが、初期費用をなるべくおさえたいのであれば不要なパソコンの売却などが考えられるでしょう。新規購入の費用を抑えるためのパソコンの売却は、主に3つの形態をとります。

  • 不要なパソコンの下取り
  • 不要なパソコンの買取り
  • オークションでの売却

パソコンの下取りとは

まず、パソコンの下取りは、不要なパソコンを引き渡すことで、新規購入の分からパソコンの下取り価格を引いた差額を支払うというものです。パソコンのメーカーやパソコンショップなどが中心となり下取りを行っています。そのため、独自のサービスやポイントをプラスアルファで受けられたり、あらかじめ規定があるのであまり時間がかからなかったり、大きな値引きを受けられたりすることがメリットです。ただし、下取りの基準が厳しい場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。

パソコンの買取りとは

パソコンの買取りは、下取りとは異なり中古販売店やリサイクルショップなどが主体となっていることがほとんどです。さらに、下取りできる基準が定められていることが多いのに対して、買取りの場合はパソコンのパーツごとに引き受けてくれるお店があるほか、値段は下がってしまいますがジャンク品でも買い取ってくれるという点が大きなメリットとして挙げられます。また、自作PCやBTOパソコンでも買い取ってくれる場合も。さらに、新規購入の時期を考えて古いパソコンを引き渡さなくても良いというのも特徴ではないでしょうか。パソコンの買取りもだいたいの基準が決められていますが、下取りと比べて値段がさがってしまうことがあり、店によって基準が異なるため複数見積もりを取った方が良いという点もおさえておきましょう。

その他の売却とパソコンを売却するメリット

次にオークションでの売却ですが、入札者の期待値も込められているため、高値で売却が期待できる反面、思わぬ低価で売らざるを得ないこともあります。また、個人間のオークションではトラブルが起こる可能性もあるため、パソコンを売却するのにメジャーなのは、主に下取りや買取りでしょう。

このように、パソコンの売却方法はいくつかありますが、不要なパソコンをお金などに変えることによって、新規購入の際の初期費用がおさえられ、お得だということが分かります。

できるだけ高く売るためのポイント

買取りの場合の話になりますが、高く売るためには2つのポイントがあります。まずは、傷や汚れです。買取りをする店の多くは、買い取ったパソコンを綺麗にして、中古で販売するために買取りを行います。もし中古で購入することになったら、傷や汚れなど気になりますよね。そのため、傷や汚れが少ないと、より高値で買い取ってもらえる可能性があるのです。また、購入したときの箱や付属品、説明書がついているとより高くで買い取ってもらうことができます。普段から、綺麗に大切に使うことも大切ですが、買取りに出す際は、ある程度、ほこりなどを綺麗にしてから出すと良いでしょう。