Microsoft Officeは高価?!

現在、オフィス系のソフトでシェア率が高く、一般的に使用されているのは、Microsoft Officeでしょう。確かに、標準化や機能性を見ると優れている面も多いのですが、ネックになるのが値段です。

まず、はじめからMicrosoft Officeが搭載されているパソコンを購入しようと思ったら、その分値段は上乗せされ、パソコン購入時の初期費用があがります。また、購入時は導入せず、後付けしようと思った場合、文書処理ソフト・表計算ソフト・メール機能のみで約10,000円。データベースソフトまですべて揃えようと思ったら約65,000円。クラウド型ですべての最新の機能を使用しようとしたら、月約1,300円、年に換算すると約15,000円相当を支払い続けることになります。頻繁に利用し、複雑な処理も行うという方にとっては相応の価格かもしれません。しかし、メインで使用する訳ではなく、ただ文章や簡単な計算などができれば充分だと考える方にとっては、Microsoft Officeの導入は痛手にもなり得ます。

Microsoft Officeでなくても使えるソフトはある

Microsoft Officeが何だか当たり前のようになってきていますが、実はMicrosoft Officeでなくとも、充分使えるソフトはあります。中でもおすすめなのが、Open Office。Microsoft Office以外のオフィス系ソフトでは高いシェア率を誇り、一通りの機能を使用することができるソフトです。

Open Officeがおすすめの理由①「無料で使える」

正式名称Open Office.orgはApache社によって開発されたもので、無料で使えるという点が、まずメリットとしてあげられます。Microsoft Officeを値段がネックになって導入をためらっている方にとって大きなメリットととなります。もちろん、文書や表計算ソフトを利用したい場合ももちろんですが、送られてきたオフィス系のファイルを確認したいという場合でも充分に活躍します。無料なので、少しお試し程度にはじめてみようと、気軽に導入できる点も魅力的です。

Open Officeがおすすめの理由②「互換機能が優れている」

無料のオフィス系ソフトの中でも相互運用性が優れているという点も、Open Officeの利点として見逃せません。Windows Office文書の読み込みができますし、保存することもできるからです。さらに、他の文書処理ソフトである一太郎やロータスノーツなどとの互換性もサポートされています。理由は、Open Documentという国際標準化団体の認めたオープンなファイル形式を採用ため。不安要素のひとつである、相互間のやり取りをクリアしていることも、Open Office導入のメリットといえます。

Open Officeがおすすめの理由③「Open Officeでできること」

Open Officeをダウンロードすると、文書処理ソフト(Writer)、表計算ソフト(Calc)に加え、ペイントソフト(Draw)、プレゼンテーションソフト(Impress)、データベースソフト(Base)、数式ソフト(Math)がもれなくダウンロードされます。特に、データベースソフトは、Microsoft Officeの場合65,000円近くするパッケージ版や、毎月支払い型のクラウド版にしかないので、データ管理などを低価格で使用したいという場合は大きなメリットとなります。Microsoftと比較すると多少の使用感の違いはありますが、バージョン3.0から互換性がアップしたことに加え、図式を使った文書の作成、高度な表計算の機能も使えるなど、複雑な数式を記憶することもできる面から、無料のソフトとしては充分に使える機能を持っていることがわかります。