まず、Intel CPU iシリーズとIntel社が開発したCPUになります。マルチコアCPUと呼ばれ命令を実行するコアが2つ以上あります。CPUとは、Central Processing Unitの略です。あえて日本語でいうと中央処理装置、または中央演算処理装置と言われています。CPUは人間で言えば脳みそと考えてよいでしょう。そのCPUの性能は「クロック数(動作周波数)」「ターボブーストの有無及び動作周波数」「コア数」「スレッド数」などで表されます。それぞれを簡単に解説していきましょう。

↓このサイトのおすすめするBTOパソコン

Core i7搭載おすすめのBTOパソコン ガレリア XT

①クロック数とは

簡潔に言うと「CPUの処理速度」を表しています。処理速度が速い(数字が大きい)ほど処理能力が高いということになります。CPUからの信号を1秒間に何回発生するかと言うことで考えます。人間で言えば脈拍とでも例えられるでしょう。単位は「GHz(ギガ・ヘルツ)」と表します。以前は、MHz(メガヘルツ)で表していました。これからはTHz(テラヘルツ)という単位も登場するかもしれませんね。

②ターボブーストとは

例えば、クアッドコアであればコア数が4つとなります。そのうち全く仕事をしていないコアを動作させて処理能力を上げる事ができる機能です。製造者が定めた規格以上に動作させますので回路に負担をかける事にもなります。確認するとすれば「動作周波数3.5GHz 最大3.9GHz」のように表記がされているかです。【最大◯◯GHz】の部分がターボブースト機能によって上昇する動作周波数を指します。

③コア数とは

よく、デュアルコア、クアッドコアという言葉を聞いたことがあると思います。先にも少し触れましたがコア数とはCPUからの命令を実行するはたらきがあります。もう少しわかりやすく言うと目的地に荷物を運ぶ能力とでも言いましょうか。荷物が多ければ人数が一人(シングルコア)より二人(デュアルコア)。二人より四人(クアッドコア)の方が早く運べますよね。コア数も数に比例して能力が上がります。しかし、命令数が少なければシングルコアでもクアッドコアでも変わりがないとも言えます。3Dゲームや重いファイルやソフトを動かすにはコア数も多い方を選びましょう。また、デュアルコアとクアッドコアのように複数のコアがあるものをマルチコアと言います。

④スレッド数とは

初心者にとっては聞きなれない用語のスレッド。これも先ほどの例を用いて説明します。命令である荷物を運ぶ人がコア数でした。スレッド数は目的地までのベルトコンベアの数と考えてください。荷物を運ぶ人が一人でもコンベアが目的地まで二本あれば二人分の処理ができますよね。そんな風にイメージしてみてください。しかし、疑似的に二人分の処理を処理をするだけであって単純に二倍になるわけではないようです。1.05~1.2倍にしかならないというデータもあるようです。
それでは、Intel Core iシリーズについてみていきましょう。

Intel Core iシリーズの特徴について

新型メモリDDR4に対応した第6世代のCore iと呼ばれる2015年の8月に発表されました。メモリの高速化が期待されていますね。続いてIntel Core i7、Core i5、Core i3の特徴を簡単に説明していきます。しかし、Core i7であっても、デスクトップ製品とモバイル製品とあるので、ここではデスクトップ製品について説明します。

①Core i7とは

どんな人におすすめ?
ハイスペックで…
・ゲームを楽しみたい人
・仕事をしたいビジネスマン
・作業したいクリエイター

Core iシリーズでは上位クラスのCPUになります。クアッドコアのCPUにスレッド数は8。ターボブーストも採用でハイパワーなCPUです。場面を問わず多くのユーザーに対応できると思います。

②Core i5とは

どんな人におすすめ?
ミドルスペックで…
・仕事をしたいビジネスマン

中間機能のCPUになります。クアッドコアのCPUでスレッド数は4。基本部分はCore i7と同等です。決定的に違うのはハイパースレッディング機能が無効になっている点です。(疑似的にCPUが2つ駆動しているように処理する機能)

③Core i3とは

どんな人におすすめ?
スペックよりも…
・価格を重視したい人
・まずは試してみたい人

低価格で安いパソコンによく使われています。デュアルコアのCPUにスレッド数も4。ターボブースト機能も採用されていません。性能が劣る分、低価格です。価格重視、初心者には問題ないでしょう。

※以上になりますが、これはおおまかな解説になります。上記の表記だけでCPUの詳細はまだわかりません。シリーズの違いやデスクトップ、モバイルの製品によっての違いもあります。また、同じシリーズでも多少、性能の違いもあります。しっかり確認して希望のものを購入しましょう。

↓このサイトのおすすめするBTOパソコン

Core i7搭載おすすめのBTOパソコン ガレリア XT