今回はゲーミングパソコンを購入する時のマザーボードについてチェックするポイントなどをまとめていきます。購入者の好みや考え、そして、予算に応じた買い方になるとは思います。マザーボードに重点を置く方。グラフィックカード、またはCPUに重点を置く方と様々かと思います。電源、メモリやSSDなども重要なところですね。今回の内容としてはメーカーごとのマザーボードにどのような特徴があるかなどを解説します。マザーボード選びの参考にしてもらえると幸いです!

↓コスパのいいBTOパソコンはこれ

おすすめのBTOパソコン ガレリア XT

CPUスロットとチップセットと対応メモリについて

早速ですがマザーボードには、どのようなチェックポイントがあるのでしょうか。以下になると思います。

①CPUスロットのソケット形状
CPUソケットとはCPUを取り付ける場所になります。ソケットにはいろいろな形状があり2016年5月現在、主流になっているのはLGA1151と呼ばれるソケットになります。その前の世代のLGA1150やそのさらに前の世代のLGA1155との互換性はありません。ちなみにLGA1151に対応するCPUはCore i7-6700などのIntelのものやSkylakeという第6世代のCPUになります。

②チップセット
LGA1151にはZ170もしくはH170が主流です。対応するチップセットはZ170、H170、B150、H110があります。Z170とH170の大きな違いはZ170がオーバークロックに対応している事です。また、Z170はSLIにも対応をしています。もう少しわかりやすく説明します。まず、チップセットとは機器のデータの受け渡しをする役割があります。性能が良いほど早く処理できます。Z170は先に挙げたチップセット4つの中で最も高性能です。その次に高性能なのがH170です。性能はZ170に劣りますが安価で高性能なものになります。

③メモリ
メモリとはデータを保管しておく場所になります。「GB」、「MB」などの単位で表示されているのは見たことがあると思います。LGA1151にはDDR4と言うメモリが対応しています。前世代のLGA1150ではDDR3が対応メモリになります。DDR3よりもDDR4はおよそ1.3倍から2倍もデータ転送が速くできます。DDR4の魅力ですね。

以上を考えると「LGA1151」と呼ばれるソケットを選ぶのがいいと考えられます。対応するチップセットやメモリも優れています。

↓コスパのいいBTOパソコンはこれ

おすすめのBTOパソコン ガレリア XT

初めての方や5年以上買い替えをしていない方へ(予備知識)

①USB 3.1について
2013年7月31日に発売されたUSB3.1。USB3.0より性能がアップしました。転送速度が約2倍になっています。互換性もありますのでUSB3.0/2.0/1.1の機器へも接続も可能です。また、USB3.1は上下左右が対称なコネクタ形状になっています。差し込みやすくなったと言えます。(Type-Cと呼ばれる)
しかし、2016年1月現在、おすすめのチップセットであるH170チップセットのマザーにはほとんど採用されていません。Z170チップセットのマザーには採用され始めています。これからの普及に期待したいですね

②M.2スロットについて
M2スロットとはSSDを接続するインターフェイスとして利用されています。これまでのSATA3では速度が頭打ちとなりそれ以上の速度がでるSSDに対応できないためにM.2スロットが注目されています。M2スロットの速度は当初に比べて3倍ほどの速度になってきています。(10Gb→30Gb)
③SATA Expressについて
M2スロットと同様にSSDを接続するインターフェイスです。SATA3を上回る速度ではありますが今回、これ以上の説明はしない事にします。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?これからゲーミングパソコンを買おうとしている方、参考にはなりましたか?しっかりと自分の使用用途を確認してから購入していきましょう。何もお考えずにオーダーをしてしまって価格が跳ね上がった…。なんてことにならないように。

↓コスパのいいBTOパソコンはこれ

おすすめのBTOパソコン ガレリア XT