BTOパソコンならドスパラ。パーツショップとしてのメリットを活かした柔軟なカスタマイズ対応と、スピードが魅力で、当サイトのおすすめです。ここではドスパラで販売されるパソコンについて説明していきます。

ドスパラはサードウェーブグループの小売子会社です

ドスパラを運営するサードウェーブは、2012年に各事業を子会社として分社化しました。ドスパラは小売専門の子会社として分社化、BTOパソコンの企画製造はサードウェーブデジノス社が担うこととなりました。ドスパラの店頭で説明を聞いても、最近では「デジノスの~」というような説明が増えてきた気がします。数年を経て、定着してきているのかもしれないですね。現在、サードウェーブデジノス製のBTOパソコンは、一部で法人向け販売などを行いつつ、基本的にはドスパラのみでの販売となっているようです。ドスパラで販売するショップブランドPCが、いまではすべてサードウェーブデジノス製のBTOパソコンに切り替わっているということですね。BTOパソコンならドスパラ、と言いましたが、正確にはBTOパソコンならサードウェーブデジノス、とも言える状況なのです。

サードウェーブデジノスのBTOパソコンがもっともおすすめ

BTOパソコンの企画製造を担うサードウェーブデジノスでは、基本的にデスクトップ型からノート型まで、フルラインナップでパソコンを提供しています。いわゆるリアルモバイル機、明確に持ち運びを前提としたノートパソコンだけは製品ラインナップには登場しないことが多いようです。デスクトップ型とノート型だけではなく、タブレット型、最近では、スティック型の超小型パソコンも販売しています。サードウェーブデジノスは、ゲーミングPCとして「GALLERIA(ガレリア)」、クリエイター向けパソコンとして「Raytrek(レイトレック)」2つのブランドを持ちます。基本的に特定用途向けのパソコンの企画製造に優れ、とりわけゲーミングPCの分野では、各ゲームタイトルの動作保証を行うゲーム推奨パソコンを幅広く展開しています。パソコンとしての動作保証だけではなく、ゲームタイトルが動くまで、ゲームをしっかりプレイできるまでサポートするポリシーでユーザーの支持を集めています。ドスパラとしての販売実績に、新しいサポートポリシーが加わり、メーカーとしての体制も非常に充実してきています。BTOパソコンならドスパラでサードウェーブデジノスのものを買うのが最もおすすめです。

パソコン製造の専用工場を持つ

パソコンの製造は、神奈川県綾瀬市の専用工場で行われています。以前はドスパラの各店舗内で行われることも珍しくなかったパソコンの組立作業が専用工場に統合されることにより、品質管理、信頼性の向上とともに、コスト面でも大きなメリットになっているのでしょう。ドスパラではカスタマイズパーツの無償アップグレード、SSDなどのプレゼントキャンペーンなども定期的に実施されており、ユーザー還元も進められています。専用工場と同じ拠点に、物流、製品サポートの拠点もあり、BTOパソコンの受注から配送、サポートまで、統合した運営が行われています。ドスパラのインターネット通販の配送拠点も統合されており、BTOパソコンと液晶モニター、各種ゲーミングデバイスを同時に注文した場合も同じタイミングで受け取れる体制が整えられています。そして、カスタマイズしても最短2日納品という業界最速水準の納期体制を構築。BTOパソコンといえば、ドスパラで販売するサードウェーブデジノス製品という評価をさらに揺るぎないものにしており、多くの方におすすめできるメーカーとなっています。