ゲーミングPCだけではなく、パソコン全てにおいて、OSというシステムが搭載されていないとパソコンを快適に動作させることができません。ただ、「OS」について、歴史や仕組みを理解し、すべてを説明できるという方は、なかなかいないのではないでしょうか。
そこで今回は、Windowsを中心とした「OS」について取り上げてご説明をしていきます。一言でOSといっても細かな部分で違うところがあり、どのOSを選べばいいのか迷ってしまうことがあります。そんな時にこの記事を参考にしていただき、あなたの利用用途にあったOSを選べるようにしていきましょう。

↓OSも選べる!おすすめゲーミングPC

ドスパラのゲーミングPC一覧を見る

OSはパソコンの司令塔

OSとは、オペレーティングシステムの略称になりますが、パソコンの中にOSが存在することで、キーボードやマウスといった外部機器から入力された指令を受け、その指示を処理する場所に的確に指示をすることができます。そのため、OSはパソコンの中の司令塔とも言われています。
一般的なパソコンにおいて、OSは2つの会社の製品が提供されており、あなたのパソコンにもどちらかのOSが導入されているはずです。1つはMicroSoftが提供している「Windows」、そしてもう一つは、iPhoneの製造・販売をしていることで有名なAppleが提供している「Mac」。この2つのOSが覇権争いを長年繰り広げています。この記事では、ゲーミングPCでよく使われるOSである「Windows」を中心に取り上げていきます。

WindowsOSの歴史

最近、Windows 10という新しいバージョンが公開されて話題となっているWindowsですが、Windowsの元祖は「MS-DOS」というもので、黒い画面上で操作をしていくOSでした。1981年にIBMから出荷されたパソコンに導入されたことが先駆けとなっています。MS-DOSが公開されるまでは、入力作業は全て手作業で行われ、極めてアナログな作業でが行われていました。そのため、このMS-DOSの公開は画期的なものでした。
そして、日本においてWindowsが身近になった時があります。それが1995年、Windows 95が発売された時でした。その発売日には、PCのメッカである秋葉原などで、深夜から様々なお店で販売を始めていました。Windows 95の発売はテレビなどのメディアでも数多く取り上げられ、Windows 95のパッケージを掲げて喜ぶお客様の姿が、お茶の間のテレビに映し出されたシーンが特徴的でした。
Windows 95は、現代のWindows 7のように、見ただけで意味がわかるわかりやすい見た目になっていました。そのわかりやすさが人気の理由の1つでした。アップルもOSを提供していましたが、Windows 95の発売により、大きくOSのシェアを獲得することになりました。そして改良版となるWindows XPが登場しました。このWindows XPは、「神のOS」と言われることもあるように、使い勝手が非常に良く、現在に至るWindowsOSの根底となっています。

発売中のWIndowsバージョンの違いについて

現在Windowsでは、Windows 7、Windows 8(8.1)、Windows 10、という3つのバージョンのOSが販売されています。
性能面で見ると、それほど大きな違いはあるわけでは無いのですが、バージョンが新しくなればなるほど、パソコンの起動の早さや操作、データの読み込みなど、様々な動きに関する速度が改善されています。
そして、Windows 7とWindows 8へのバージョンアップの際に大きな違いが出ました。Windows 7は、Windows XPから始まったように、Windowsスタートボタンに象徴されるわかりやすい画面表示をそのまま継承していました。そのため、Windowsのバージョンがアップしても今までの使い方で操作することができたのです。ところが、Windows 8以降、画面のタッチパネル式を導入したことによって、パソコンの画面の表示がガラッと変わりました。Windows XPなど昔から使っていたように今後もパソコンを利用したい方にとっては、Windows 7をあえて選ぶというのも1つの選択肢でしょう。

↓OSも選べる!おすすめゲーミングPC

ドスパラのゲーミングPC一覧を見る

32bitと64bitの違いとは?

WindowsOSを選ぶ際、同じOSのバージョンであっても、32bitと64bitという2つの選択肢があります。その違いは何を示しているのか、よくわからない方も多いでしょう。
このbit数の違いは、CPUの性能の違いと捉えていただいて構いません。ビット数が大きい方が、より多くのプログラムやソフトを同時に処理することができ、パソコンの動きも良くなる傾向にあります。そのため、何か特別な制約がない場合には64ビット版を選ぶのが一般的となっています。
一方、32ビット版を選ばなくてはならない時もあります。それは、あなたが保有しているパソコンの性能や利用したいソフトによって変わってきます。
64ビット版は、パソコンのメモリを多く消費するため、数年前のパソコンのスペックでは64bit版のOSをインストールすることができない場合があります。また、あなたが利用したいソフトによっては、64ビット版に対応していない場合もあります。
そのため、あなたがパソコンをどんなように利用したいのか、そしてあなたが持っているパソコンはどのような性能なのかということを今一度確認しておきましょう。

↓もちろんガレリアは32bit/64bitも選択可能

ドスパラのゲーミングPC一覧を見る

HomeやProのエディションの違いとは?

そしてもう一つ、同じWindowsOSにおける違いとして、「Home」と「Pro」という2つのものがあります。これは主にご自宅で利用するのか、またはビジネスにおいて使うのかという用途によって、使い分けをすることが可能です。
一般的な機能であるスタートメニューやセキュリティを強化するWindows update、そしてWebやデバイス等の検索機能など、基本的な機能においてはHomeもProも同じように使うことができます。
ただ、Homeでは利用できない機能として、ビジネスで使われるドメインの利用、グループポリシーの利用、さらには遠隔からパソコンにログインができるリモートデスクの利用など、ビジネスでよりパソコンを深く使いたいような場合には、Proのエディションが必須となってきます。
この機能差により、HomeよりもProのWindowsOSの方が値段も高く販売されています。

まとめ

ここまで、WindowsOSを中心にOSのご説明をしてきました。OSは年々改良が重ねられ、Windows 10を、今までのバージョンアップが有料であったことに対して、期間限定ではありますが、無料でバージョンアップができるという新しい試みも行われています。
そして、あなたのWindowsOSを選ぶ際には、とにかく新しいものを入れればいいというわけでもありません。あなたの持っているパソコンのスペックや、あなたが利用したいソフトがどんなOSに対応しているのかといったように、利用用途に沿った使い方をする必要があります。
あなたの利用用途に関わる状況を確認しながら、快適にパソコンライフを送れるように、OSを選ぶようにしていきましょう。

↓このページのおすすめゲーミングPC

ドスパラのゲーミングPC一覧を見る