さまざまな用途に最適な構成が選択できるBTOパソコン。いよいよ当サイトがおすすめするBTOパソコンをご紹介していきましょう。

ドスパラが販売するBTOパソコン

自作パソコン市場黎明期から発展を続けてきたドスパラ。ドスパラが所属するサードウェーブグループは、2012年に機能毎に子会社化、分社化する方針を打ち出し、そこでドスパラも小売専門の子会社として生まれ変わっています。PCの製造を担当するのは、サードウェーブデジノスとなり、ドスパラで販売されるBTOパソコンは、すべてサードウェーブデジノス製となります。サードウェーブデジノスは、神奈川県綾瀬市にパソコン製造の専用工場を持ち、配送から製品サポートまで、一つの拠点で対応することで、カスタマイズしても納期は最短2日という驚異的なスピードを実現しています。サードウェーブデジノス製BTOパソコンの魅力は、いまでも国内最大手のPCパーツショップであるドスパラの仕入能力を活かしたカスタマイズの幅の広さと、最新パーツがカスタマイズ選択肢に反映される速さ、スピード感です。デスクトップ型だけではなく、ノート型のパソコンも豊富に取り揃えられています。デスクトップ型では、ケースサイズの種類も豊富、設置場所にあわせた最適なケースサイズを選ぶことができます。

モナークXTのご紹介

今回当サイトで一番のおすすめとしてご紹介するBTOパソコンは「モナークXT」となります。モナーク、というのは、サードウェーブデジノスでのパソコンのグレード区別で、基本的にCPUの種類によって分類されています。参考までに、下記のような分類となっています。

デジノスPCのグレード分け
Intel CPU搭載 ハイエンドPC Monarch(モナーク)
Intel CPU搭載 ミドルクラスPC Magnate(マグネイト)
Intel CPU搭載 エントリーPC Kngiht(ナイト)
AMD CPU搭載 ハイエンドPC Thunderstorm(サンダーストーム)
AMD CPU搭載 ミドルクラスPC Lightning(ライトニング)
AMD CPU搭載 エントリーPC Regulus(レグルス)

見ても分かる通り、今回おすすめするモナークXTは、Intel CPUを搭載した最上位グレードとなっています。CPUにはIntel Core i7-4790を搭載。一般消費者向けのCPUとしては最高グレードとなり、将来性も確保されています。このCPUなら、この先、動画編集などの重い処理を行うことになったとしても、パソコンを買い換えること無く対応できるでしょう。グラフィックボードには、今ならNVIDIAのGeForce GTX960を搭載。これは単体パーツとしても今一番人気のグラフィックボードであり、専用のゲーミングPCにも匹敵する処理性能を実現します。ケースは容積にも十分余裕があるタワー型を採用。搭載パーツの熱を効率的に外部に排出し、静音性と製品寿命を延ばす2つのメリットをもたらします。パソコンとして総合的な能力が高い「モナークXT」、当サイトいちおしのおすすめBTOパソコンです。

いちおしのおすすめBTOパソコンモナークXTはこちらから!