モノの状態を考えると、大きく2種類に分けられます。1つ目は、誰の手にも触れられていない工場から出荷されたばかりの新品。2つ目は、既に誰かに利用され、数年間機器が稼働している中古品です。
ゲーミングPCでも同じで、新品のBTOパソコンがあれば、中古のパソコンもあり、流通市場が整っているので、どちらのゲーミングPCでも購入することができます。
あなたがゲーミングPCを購入する場合、どちらのパソコンを選びますか?

価格だけを重視するのであれば中古パソコン

どうしても価格をできるだけ抑えたい場合には、新品のBTOパソコンよりも中古のパソコンの方が優位性は高くなります。
中古市場というものは、1度でも段ボールから開封され、電源をつけてしまうと、その瞬間に中古品という位置づけになります。中古品になった段階で一気に売れる値段が落ちてしまう構造になっています。

長期的に考えるのであれば、新品のBTOパソコン

あなたのゲーミングPCを購入する評価軸が価格だけなのであれば、中古パソコンを選ぶことになりますが、長い間、高品質なものを利用していきたいのであれば、新品のBTOパソコンの方が優れています。

格安感のあるミドルレンジ、ゲーミングPC

ゲーミングPCで失敗しない定番商品

新品のBTOパソコンなら最新のパーツでスペックが高い

新しく販売されているBTOパソコンでは、パソコン内部で構成されているパーツが、都度新しいものへと更新されています。
パソコンのパーツは技術の進化が早く、古いパーツを使い続けていると、自分がプレイしたかったゲーミングPCソフトの標準規格に合わず、うまくソフトが動作しないということにもなりかねません。
一方、中古のパソコンは、当たり前ですが購入時点のパーツであり、新しいパーツには更新されません。スペックが低いものも含まれてくるため、プレイのパフォーマンスの低下にもつながってきます。

格安感のあるミドルレンジ、ゲーミングPC

ゲーミングPCで失敗しない定番商品

経年劣化で中古パソコンの方が故障する可能性が高い

中古パソコンでは、数年間既に機器が稼働しているということも、デメリットに働くことが多くなっています。パソコンの経年劣化は激しく、あるパーツが故障する可能性は中古パソコンの方が高くなっています。
新品のBTOパソコンであれば、通常1年間の保証が付き、オプションで保証期間を延長させることもできます。一方、中古のパソコンでは保証が付いていないため、パソコンが動かなくなった時には、自分で故障原因を探し出し、パーツの交換を自分で行う必要があります。

まとめ

新品のBTOパソコンと、中古のパソコンのどちらかを選ぶ時には、短期的なメリット(特に価格面)だけではなく、長期的なメリットも考える必要があります。
長期的なメリットを考えれば、新品のBTOパソコンを購入する方がベストですが、どうしても中古のパソコンを購入したいという方もいるでしょう。
その場合には、中古のパソコンが持っているスペックをよく確認しておきましょう。購入時期も大事ですが、パソコンのスペックを確認して、古いパーツが盛り込まれていないかどうか見ておきましょう。
あまりにも古いパーツがあるのであれば、壊れやすいので購入は見送り、古いパーツが無くスペックでも問題が無ければ購入を検討するようにしましょう。

格安感のあるミドルレンジ、ゲーミングPC

ゲーミングPCで失敗しない定番商品