パソコンは1つの四角いかたまりではなく、パソコンの中にあるいくつものパーツで構成されています。CPUやマザーボード、冷却ファンや電源など、立派な役割を持ったパーツが揃っています。

ゲーミングPCを入手・購入することを考えた時に、それらのパーツを自分で選んだ上で組み立てて自作のパソコンを作り上げるのか、それとも完成済みのBTOパソコンを購入するのか、どちらの方がいいのでしょうか?

今回は、どちらの方法がゲーミングPCを入手する上でコストパフォーマンスに優れているのか考えていきたいと思います。

↓このページのおすすめするゲーミングPC

ドスパラのゲーミングPC一覧

価格だけを考えるのならパーツの単価合計なので自作パソコン

購入する時の価格だけを考えるのであれば、パーツを購入する際にかかるお金だけが費用となるので、自作パソコンの方がコストパフォーマンスに優れていると言えます。

なぜかというと、BTOパソコンは、販売しているショップやその工場でパーツからパソコンへ組み上げているため、その分の作業工賃が上乗せされています。その他にも購入後のサポートや保証など様々な費用が発生するため、BTOパソコンを購入する際の価格も高くなるという仕組みになっています。

長い目でコストパフォーマンスを考えるなら断然BTOパソコン

ゲーミングPCを購入する時の価格だけを考えるのであれば自作パソコンですが、長期的な観点で見てみると、BTOパソコンの方がコストパフォーマンスは良くなります。

↓このページのおすすめするゲーミングPC

ドスパラのゲーミングPC一覧

自作パソコンは相性で動作しないということが発生する可能性がある

パソコンショップの店員と相談しながら、組合せに問題が無い、規格として間違っていない構成で組み立てたとしても、場合によってはパーツ同士の相性で、パソコンが動作しない場合や、何かしらの不具合が発生するということが発生する場合があります。

利用するパーツはどうしても違うメーカーのものを組み合わせることになり、組合せは無数にあるため動作検証なども行われていません。そのため、問題無くパーツを組み立てていたとしても、不具合が起こるケースがありえるのです。

とは言え、相性で動作しないという場面は過去に比べて非常に少なくなっていますので、あくまでも発生する可能性があるという程度でとらえておいてください。

↓このページのおすすめするゲーミングPC

ドスパラのゲーミングPC一覧

BTOパソコンは、メーカーの保証があり、問題が発生したとしてもサポートしてもらえる

自作パソコンと違い、BTOパソコンでは、一般的に1年間のメーカー保証が無料で付いています。そのため、パソコンが動かない、動きがもたつく、再起動を勝手に起こすというような問題が発生した場合でも、電話やメールをすればサポートをしてもらうことができます。

一方、自作パソコンは自分でパーツを組み立てているため、パソコンの保証はもちろんありません。問題が発生した際には、自分で原因を突き止め、自分で解決する力が必要になります。場合によっては新たにパーツを買い、交換を行うといったことも必要になります。

自作パソコンは組み立ての手間がかかる

最後に、自作パソコンはパーツを組み立てるための手間がかかります。BTOパソコンはその手間をお金で買っているとも言えますね。

プラモデルと同じような感覚で、楽しくパソコンを組み立てることができるのであれば問題はありません。しかし、単純に費用を抑えようとして、あまり詳しくないにも関わらず自作パソコンという選択肢を選んでしまうと、組み立てる方法を調べながら作業をすることになりますので膨大な時間がかかります。その時間が大きなコストになります。

まとめ

コストパフォーマンスを考えた時に、ゲーミングPCを自作で用意するのか、それともBTOパソコンを購入する方がいいのか検討してきました。

短期的ではなく長期的な観点で見ると、ゲーミングPCはBTOパソコンを購入する方がオススメです。また、価格の観点で見ても、今ではBTOパソコンの価格が安くなってきており、それほど自作パソコンとの価格差も無くなってきました。

後から何か問題が発生しても対応を任せることができるなど、様々なメリットがありますので、組み立てる楽しみを味わいたいという方以外はBTOパソコンを選択してください。

↓このページのおすすめするゲーミングPC

ドスパラで販売する『ガレリア』シリーズ